日本語 English
筑波大学システム情報系は、「情報」、「システム」、「社会」の融合を目指した新しい学際分野における科学と工学の教育研究を推進する教員の組織として、他の系とともに、平成23年10月1日に発足しました。業務運営上の単位として、社会工学域、情報工学域、知能機能工学域、及び構造エネルギー工学域の4つの域から成り、221名(平成27年4月1日現在)の教員で構成されています。

システム情報エリア支援室

支援室
URA
エリアコモンズ

支援室

システム情報エリア支援室は、総務、会計、研究支援、学群教務、大学院教務、学生の各担当及び専攻・学群・学類の事務室で構成され、次に掲げる組織の業務・運営を支援しています。

  • システム情報系
  • システム情報工学研究科
  • 理工学群
  • 社会・国際学群国際総合学類
  • 理工学群応用理工学類
  • 理工学群工学システム学類
  • 理工学群社会工学類
  • 情報学群情報科学類

URA

大学におけるURA

我が国の大学等では、研究開発内容について一定の理解を有しつつ、研究資金の調達・管理、知財の管理・活用等をマネジメントする人材が十分ではないため、研究者に研究活動以外の業務で過度の負担が生じている状況にあります。このような状況を改善するため、文部科学省は、研究者の研究活動活性化のための環境整備及び大学等の研究開発マネジメント強化等に向け、大学等における研究マネジメント人材(リサーチ・アドミニストレーター:URA)の育成・定着に向けたシステム整備等を行っています。

http://www.mext.go.jp/a_menu/jinzai/ura/  (文部科学省)

mext

 

筑波大学URA

筑波大学は文部科学省リサーチ・アドミニストレーター(URA)を育成・確保するシステムの整備において 「世界的研究拠点整備」の実施機関に選出され活動を開始しました(平成24年7月~)。

http://ura.sec.tsukuba.ac.jp/ura/about/about_ura/

cotore_bn ft_banner001

 

システム情報系URAのミッション

本部と連携し、システム情報系において、研究力強化を推進するための様々な業務に取り組んでいます。

エリアコモンズ

筑波大学では、グローバル人材の育成を目指し、外国語教育の充実や留学生支援・海外派遣支援の強化、日本人学生や教員・職員のグローバル化に必要な様々な支援を総合的に行うため「グローバルコモンズ機構」を設置しています。グローバルコモンズ機構の統括の下、同機構とエリア支援室とのパイプ役として「エリアコモンズ」が1名配置されています。