日本語 English
筑波大学システム情報系
筑波大学システム情報系は、「情報」、「システム」、「社会」の融合を目指した新しい学際分野における科学と工学の教育研究を推進する教員の組織として、他の系とともに、平成23年10月1日に発足しました。業務運営上の単位として、社会工学域、情報工学域、知能機能工学域、及び構造エネルギー工学域の4つの域から成り、221名(平成27年4月1日現在)の教員で構成されています。

重点施策

システム情報系は、情報社会基盤の構築に資する「情報」、「システム」、「社会」の融合による学際的研 究により、科学と工学の教育研究を推進する活力ある教員組織を目指し、平成 28 年度の重点施策を『社 会的インパクトのある研究成果の創出とそれを実現するための人的基盤の整備』に置く。
研究面では、本系の特色である多様な分野にわたる先進的研究の深化と融合を奨励し、大型の外部研究 資金獲得を支援する。社会連携面として、研究成果の産業界・地域への還元を推進する。人事面では、系 全体を一体として昇任・採用枠を管理する人事選考システムを活用して、戦略的かつ公平な人事とダイバ ーシティの向上を実現する。(システム情報系平成28年度重点施策 より抜粋)

システム情報系平成28年度重点施策 [PDFファイル]は学内ネットワークからのみアクセス可能です。
keyシス情内部ページ