日本語 English
筑波大学システム情報系
筑波大学システム情報系は、「情報」、「システム」、「社会」の融合を目指した新しい学際分野における科学と工学の教育研究を推進する教員の組織として、他の系とともに、平成23年10月1日に発足しました。業務運営上の単位として、社会工学域、情報工学域、知能機能工学域、及び構造エネルギー工学域の4つの域から成り、221名(平成27年4月1日現在)の教員で構成されています。

コンプライアンス推進委員会

システム情報系では、系及び関連教育研究組織における業務運営の公平・公正性の確保に資するために必要な事項を協議・検討するため、「システム情報系コンプライアンス推進委員会」を設置しています。
重要なおしらせ
(2015/12/18)システム情報系所属の教員は、以下の3つのe-ラーニングを必ず1回は受講して下さい。
 e-ラーニング名 [manaba授業コード:xx14149]
適正な教育研究の運営及び管理について
[manaba授業コード:infoss2014T]
INFOSS情報倫理教職員用コース
(2015年度版)
研究倫理教育プログラム
CITI JAPAN プロジェクト
e-ラーニングプログラム
ログイン先 manabaにログインして受講する
Unified Authentication and input code [5366531]
manabaにログインして受講する
Unified Authentication System
https://edu.citiprogram.jp/
からログイン後、「筑波大学基本コース(2015)」または「筑波大学理工系コース(2015)」のどちらかを受講
受講ガイド 受講ガイド(日本語)
Course-flow (English)
受講ガイド(日本語)
eラーニング教材「INFOSS情報倫理」の受講について(情報環境機構)をご覧下さい。English Ver. Registration for the ‘INFOSS Information Ethics’ e-Learning Course(Organization for Information Infrastructure)
受講ガイド(日本語)

詳細は、2015/05/28にシス情掲示板システム(https://sv3.sie.tsukuba.ac.jp/keijiban/sie-open.php?sn=6781)に掲載しています。また、CITI JAPAN用のユーザ名とパスワードは2014/12/15ごろ個別にメールで送付しています。不明な場合は、研究推進部研究企画課推進企画 (TEL:2926/91145)までお問い合わせ下さい。

関連する規程・通知等

システム情報系コンプライアンス推進委員会に関する要項

key筑波大学教職員専用サイト

6905cf9f7bff87f9286bcb9a9d835f97

会計ルールハンドブック

73c942f60f17221960d82523713bc568

パンフレット(ハラスメントのない快適なキャンパスを)

abb596c5e0161768ce2f38c4c3f1fbf1

やってはいけない会計ルール「5つのダメ」

64d8bf1f610f801068ed2cf6fee62b03

「教育研究費不正防止テキスト-適正な教育研究の運営及び管理について-」 受講の流れ

compliance-manual

国立大学法人筑波大学コンプライアンスマニュアル

compliance-suishin

『コンプライアンス』の推進について

compliance-tyuuikanki

【注意喚起】コンプライアンスの徹底について

システム情報系コンプライアンス相談窓口を開設しました

システム情報系では、会計ルール、情報セキュリティ、個人情報保護、TAの雇用など、系の教育研究活動等に係る法令順守に関する相談窓口(ハラスメントに関することを除く)を開設しました。日々の活動を行う上で、法令、手続き上の問題がないかどうか等、判断に迷うことがありましたら、こちらよりご連絡ください。→ key連絡フォーム